2017年12月15日

SOLIDWORKS解析ソフト 体験セミナー

 
開催概要
3次元CADの普及に伴い、3次元CADのデータを使って設計者が解析を行うことも珍しくなくなってきました。さらに静的な線形解析に留まらず、振動・熱・電磁場・樹脂流動という高度なテーマを含め、カテゴリにとらわれることなく、シミュレーションによる設計の初期段階での各種検討が必須のものとなりつつあります。
 
本セミナーでは、機械系3次元CAD SOLIDWORKS
上での解析を実現する解析ソフトをPCを用いて体験して頂けます。

(ご希望のセッションを選択して受講いただけます)
半日だけで幅広く各種の解析が体験できます。
設計者CAEソフトウェア選定の最重要ポイントとして
挙げられる操作性を、ぜひご評価下さい。
また、ご要望に応じてSOLIDWORKSアドイン最新ソリューションのご紹介や、
個別相談もできますので、解析業務のご経験のない方でもお気軽にご参加下さい。
導入目的の方のみの参加とさせていただきます。
 既存ユーザーの方のご参加はお断りいたします
※同業他社の方はご遠慮下さい。
※ユーザー様には別途
トレーニングをご用意しておりますのでお問い合わせ下さい。
 

日時
 2018年1月24日(水) 
13:10受付/ 13:30開始/ 17:00終了 

会場愛知県 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋25階
      JR名古屋駅徒歩1分(直結通路あり)
      JPタワー2階のオフィスエントランスから、エレベータで
      25階へお越しください。

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼

http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml
※会場はJPタワー名古屋25階です。

                             (M.Sato)

設計者向け 熱流体解析 FloEFD体験セミナー

◇開催概要
FloEFDシリーズは、電子機器から産業機械・自動車のパワーユニットなど600をこえる販売実績で、設計者のみなさまにご利用いただいています。
リニューアルした本セミナーは、単なる製品紹介だけでなく、

『なぜFloEFDは"設計者自身が設計検討できる"のか?』
『設計者向け熱流体解析ツールがどのような設計課題に適用できるのか?』
『設計部門で展開するためのポイントはなにか?』

を実際に操作を体験しながら解析事例・活用事例を通じてご紹介するパワーアップした内容となっております!
 
 
対象
 ・設計者に展開できる/設計者自身が使える 熱流体解析ソフトウェアを探している。
 ・Creo Parametric/CATIA V5/NXをお使いで、熱流体解析による設計検討を始めたい。
 ・三次元CADは使用していないが、熱流体解析による設計検討をはじめたい。
 ・自分たちの設計課題が熱流体解析で解決・改善できるか相談したい。
 
◇日時
 2018年1月23日(火) 
 13:00受付/ 13:30開始/ 17:00終了
 
◇会場
  愛知県 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋25階
      JR名古屋駅徒歩1分(直結通路あり)
      JPタワー2階のオフィスエントランスから、エレベータで
      25階へお越しください。
 
▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
※会場はJPタワー名古屋25階です。

                                                                                        (M.Sato)
 
 
 
 
 
 
 

FACTOR/AIM 無料体験セミナー in 名古屋

◇開催概要
生産ラインシミュレータ『FACTOR/AIM』は、生産ラインの設計・改善計画をシミュレーションにより迅速に評価、さらに日々の運用ルールの改善評価にも適用できます。
おかげさまで、日本での標準ツールとして、300社以上の皆様に以下のような課題解決にご利用いただいております。

● 新しい設備を導入することで、スループット低下要因になっているボトルネックをどの程度解消できるか?
● すでに確定している生産スケジュールを守りつつ、新規に受注したオーダを顧客の希望納期どおりに生産できるか?
● 設備故障時は、他のラインへ切り替えるべきか、故障の復旧を待つべきか?...ベストなリカバリ手段は?
● ある部品を内作する場合と外部から購入する場合と、コスト面ではどちらが有利か?
● 多品種混合生産において各工程への投入順番をどのように決めれば良いか?

 ご希望の方にはセミナー後に個別相談に応じます。セミナー中には聞きにくい、御社のラインを対象としたAIMの適用についてご相談を承ります。
 

◇対象
 FACTOR/AIMのご利用をご検討いただいている方

◇日時
 2018年1月12日(金) 
13:15受付/ 13:30開始/ 17:00終了

◇会場
 愛知県 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋25階
JR名古屋駅徒歩1分(直結通路あり)
JPタワー2階のオフィスエントランスから、エレベータで
25階へお越しください。

申込・場所等の詳細はこちらです
※会場はJPタワー名古屋25階です。


                               (M.Sato)

2017年11月24日

FMEA,HAZOP,FTAソリューション体験セミナー



開催概要
グローバル化や事故増加傾向にともない、社会的および 取引先からリスクに基づく安全の証明を求められるシーンが増加するなどその重要性が高まっています。一方、リスク分析作業に当たっては、製品の複雑化、設備の老朽化、ライフサイクルの短縮、証明書類の増加などその負担は増大していますが、ベテランの退職による知見遺失、担当者の減員などなかなか思うように進めることができないのが実情のようです。さらにはリスク分析結果もそのまま「サーバーにお蔵入り」し、折角の取組みが生かされていないということもよく伺います。
本セミナーでは、リスク分析の効率化(作業時間や精度)と"分析結果による改善推進"を実現する、本Spheraソリューションを実際に体験操作やデモを通じてご紹介します。
FMEA、HAZOP/LOPA、FTAをより円滑に進められたい方はもちろん、これから取り組まれる方もぜひご参加ください。(各分析手法の概要もセミナーにてご説明いたします。)
【製品紹介サイト】
http://solution.kke.co.jp/sphera/

対象
 ISO26262への対応をご検討、調査、情報収集されている方。

日時
 2017年12月22日(金) 
13:00開場/ 13:30開始/ 16:30終了 

会場愛知県 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋25階
      JR名古屋駅徒歩1分(直結通路あり)
      JPタワー2階のオフィスエントランスから、エレベータで
      25階へお越しください。

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/2017


(M.Sato)

自動車機能安全規格ISO26262 安全分析紹介体験セミナー

開催概要

「安全機構を追加したら安全目標侵害の故障率が増えちゃった!?」
「故障率の解析結果を説明できない!?」
このような事案はありませんか?
アーキテクチャの安全性が反映されない計算式が採用されていたり、肝心な危険箇所特定の妥当性も説明できないなど、安全設計の証明や改善に"役に立たない"仕組みになっていることも数多く見受けます。
本セミナーでは、"あるべき"故障率解析として、自社製品の安全性を反映した定量的な故障率で表現し、その数値に基づいて安全性を改善する仕組みづくりのポイントをご紹介します。
また、そのノウハウを搭載した、弊社ISO26262安全分析ソリューションおよび故障率解析テンプレート、IEC62380電子部品故障率算出シートをご紹介します。
安全要求展開テンプレートは、機能安全コンセプトからシステム/HW/SWまで各階層への展開と安全分析に対応した新バージョンを紹介します。

 

対象
 ISO26262への対応をご検討、調査、情報収集されている方。

日時
 2017年12月19日(火) 
13:00開場/ 13:30開始/ 17:00終了 

会場愛知県 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋25階
      JR名古屋駅徒歩1分(直結通路あり)
      JPタワー2階のオフィスエントランスから、エレベータで
      25階へお越しください。

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/2016


(M.Sato)