2011年2月18日

第1回 新商品開発のためのチャンス発見ワークショップ 報告

 モノづくりのメッカである名古屋において、お客さまが共通して抱えられている2つの課題として
  1. コスト削減
  2. 新商品開発
があり、このうち「2. 新商品開発」を解決すべく、チャンス発見学を提唱されている東京大学の大澤先生のご協力により開発したのが「異業種イノベーションゲーム」です。

 「異業種イノベーションゲーム」は、これまで会議室で悩みながら行なっていた新商品開発のやり方にイノベーションを起こすべくデザインされた、異業種のビジネスパーソンを対象に、制約条件を適度に与えて多面的な思考を刺激し、ゲーム形式で楽しみながら新商品開発ができるアイデア発想法です。

 この度「異業種イノベーションゲーム」を体感頂くため、中部営業所にて「第1回 新商品開発のためのチャンス発見ワークショップ」を開催しましたのでご報告します。

【ゲームの流れ】
 起業家3名と消費者8名に分かれて、チャンス発見マップを見ながら、新商品・新サービスのアイデア出しを行いました。
 
起業家はそれぞれ「RF-ID」、「淡水化技術」、「インターネット家電」の要素技術(ゲームカード)をコアにアイデア出しを行うという流れが序盤にありました。

 次に、消費者から提案されたニーズが呼び水となり、より生活に密着したアイデアが次々と出されました。
 
 さらに、自然発生的に起業家同士の連携や起業家と消費者が共に考える商品開発が行われ、最終的には30を超える新商品・新サービスのアイデアでチャンスマップが埋め尽くされました。

【批判ルールについての参加者の感想】
  • 「起業家のアイデアを批判してもよいというルールが アイデアのレベルアップを促してよかった。」
  • 「否定的な意見を言い合うというルールについては、好印象で、 お金を払う/払わないが明確になってよいと感じた。」
  • 「批判してもよいというルールはよかった。」
  • 「日常の議論はアイデアを打ち出すという肯定型というのは難しく、なぜなぜ型でどちらかといえば否定型。」

【まとめ】
 初めての試みでしたが、こちらが想像していた以上に盛り上がり、議論も尽きないという感じでした。参加者の皆様からはゲームの改善案とまた参加してみたいとの声を多く頂きました。

(M.Tamada)

0 件のコメント:

コメントを投稿