2012年5月31日

あなたの時間は限られている


先日、地元名古屋である建設会社社長のお別れ会に参列した。

故人と私とは個人的な繋がりはないのだが、会社としてのお付き合いは長いためビジネスマナーとして参列したのだ。

並んでいる前後の参列者から、58歳で亡くなられた故人が前日まで元気だったことや、健康に気を配っていた方だったこと、文学や宗教論など幅広く関心がある方だったことなどを盗み聞きしていた。

そういえば最近、身の回りで人の死に目にあってない。死を意識する時、同時に生も意識するので、新鮮な感じがするのは気のせいだろうか。

いつもと変わらず明日もあると当たり前に思っていること、それは幻想なのかもしれない。実際、3.11東日本震災もそうだし、歴史的場面や個人でもある時に何か突然、大きく変わることがある。物事は連続的ではなく、実は不連続的で、極めて不確実な要素が強いのではないか。

人間はそこに何か法則性を見出したがるが、すべての要素を考慮した法則などあり得るのか、いや、だからこそ、チャレンジのしがいがあるのだ、などと思い巡らせていた。

最後にApple社のスティーブ・ジョブズ氏の有名なスピーチで大好きな部分を以下に引用したい。

------------------------------------------------------------------

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

------------------------------------------------------------------

(K. Nakagawa)

0 件のコメント:

コメントを投稿