2012年12月28日

トンネルを使い続けていくためにできること

日本の社会インフラ設備は高度成長期から約50年を迎え老朽化が進み、これら「高経年化」に対する維持・メンテナンス対応が必要となってきました。また、東日本大震災や大型台風の直撃などを背景に、今後の大地震を含む災害への備えなど、維持管理のみならず、更なる社会インフラ対策・強化の重要性がさらに増してきています。しかしながら、昨今の日本経済の状況において、各自治体に対する潤沢な資金交付は期待できません。今ある社会インフラ設備を効率的かつ計画的・戦略的に維持管理・メンテナンス・更新をし、安心・安全を与える対策が必要であり、これらに関する新しい考え方・仕組みづくりが急務となっております。
- 「インフラ維持管理・長寿命化対策シンポジウム(2012.11.14)」より -

今後老朽化した社会インフラが大幅に増える一方、メンテナンスのための人員が十分に確保できない事態が予想されます。そこで、メンテナンス要員の作業効率を高めるためのソリューションを3つをご紹介します。

・遠隔作業支援システム『RemoteGuideware』
構造物の維持・管理コンサルティング
・目視検査/目視判断の自動化ソリューション

遠隔作業支援システム『RemoteGuideware』は、現場の作業者と事務所の技術者が同じ画面を見つつ、状態確認と対処・指示を行なうことでメンテナンス業務の効率化と高質化が実現できます。また、全ての作業履歴をサーバに保存することができるため、トレーサビリティを確保できます。

構造物の維持・管理コンサルティングは、構造物に組み込んだ光ファイバや振動センサ等の加速度、変位、歪み情報をデータ分析してモデル化し、定量的な現状の把握と劣化の予測を実現します。

目視検査/目視判断の自動化ソリューションは、画像処理技術とデータ分析技術を組み合わせた画像診断を行なうことで、熟練技術者の経験と勘をITにより実現します。これまで「製品検査テーマ」で実施してきました画像認識セミナーですが、この度「維持管理テーマ」での事例紹介を行いますのでご関心がある方は下記よりお申込み下さい。

*日時:2013年1月24日(木)
 【1回目】 製品検査テーマの事例:13:10~15:00
 【2回目】 維持管理テーマの事例:15:40~17:30
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/735

(M.Tamada)

「可能性をつなぐ、エンジニアリング」全社ホームページ・リニューアルのお知らせ


大学・研究機関と実業界を結び、リアルとバーチャルをつなぎ、課題に解決策(ソリューション)を見出すことで、社会に「価値」を提供したいという思いで、全社ホームページをリニューアルしました。

トップページには、山口晃氏による「大山崎交通乃圖」を掲げ、過去と未来が融合する豊かで楽しげな社会をエンジニアリングという道具を使って実現したいというメッセージを表現しました。

お客さまインタビューを元にした導入事例や復興に向けての取り組みなど、弊社をより良く知って頂くためのコンテンツを多数揃えておりますので、この機会にご覧頂けましたら幸いです。

構造計画研究所ホームページ: http://www.kke.co.jp

(M.Tamada)

2012年12月26日

1月のセミナー案内


◆1)SolidWorks Simulation・SolidWorks Flow Simulation無料体験セミナー


 設計業務の革新が叫ばれている昨今、構造計画研究所では従来より3次元CADで設計を行うエンジニアが設計の初期段階から解析シミュレーションを実施し開発期間の短縮やコストの低減、品質の向上を図るS.B.D(Simulation Based Design)を提唱しています。

 今や構造解析や機構解析などのカテゴリにとらわれることなくシミュレーションによる設計の初期段階での各種検討が必須のものとなりつつあります。

 貴社の業務に必ず役立つと確信しておりますので解析業務のご経験のない方でもお気軽にご参加ください。

 業務ご多忙とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

*日時:2013年1月8日(火)14:00~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml



 ◆2)設計者のための熱流体解析ツールFloEFD 無料体験セミナー&無料コンサルテーション


 設計ステージにおける熱流体解析ニーズを徹底的に分析し、設計者のために特別に開発された強力なデスクトップCFD (Computational Fluid Dynamics、熱流体解析)ツール FloEFDシリーズの無料体験セミナーを開催します。

 特別企画「無料コンサルテーション」では18年の経験を有するCFDコンサルタントがお客様の問題を無料診断します。

 ぜひこの機に FloEFD 無料体験セミナーにご出席下さい。

*日時:2013年1月8日(火)13:00~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-floefd.shtml

 

◆3)粒子法Particleworks体験セミナー ~流体から粉体まで~


 Particleworksは、燃料タンクのスロッシングや、ノズルから噴き出る液体の挙動、食品や化合物の製造過程における液体の撹拌現象など、従来の流体解析ソフトでは解くことができなかった現象を、精度よく安定して解くことができる流体解析ソフトウェアです。

■本セミナー参加者様には、1ヶ月間のParticleworks無料体験版をお貸し出し致します!
■1ヶ月間のParticleworks無料体験版をご希望のお客様は、申し込み時にご記入ください!

*日時:2013年1月17日(木)13:00~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml



 ◆4)はじめての電磁界解析セミナー


 電磁界解析をこれからはじめる設計者向けに、解析の基礎の座学と実際のソフトを触ることのできるセミナーをご用意しております。

 今まで難しいと思われていた電磁界解析を覆す操作性の良さ・解析の汎用性の広さを実感していただきます。

*日時:2013年1月21日(月)13:30~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-solidworksems.shtml



◆5)目視判断をサポートする画像認識セミナー&個別相談会


 株式会社構造計画研究所は、品質検査の自動化や目視確認業務の効率化にに取り組んでいる皆様に役立つセミナーを開催いたします。

 すぐに役立つ事例とノウハウ満載の「事例紹介セミナー」と、具体的な悩みやサンプル評価の依頼など、すぐに何でも相談できる「個別相談会」の2部構成です。
 
 東京、名古屋、大阪にて開催しますので、ぜひご来場ください。

  ・目視確認、品質検査の自動化を検討されている方
  ・目視がゆえにおこる品質のばらつきで困っている方
  ・検討中のワークのサンプル評価を依頼したい方

 この機会に「事例紹介セミナー & 個別相談会」ご参加ください。

*日時:2013年1月24日(木)
 【1回目】 製品検査テーマの事例:13:10~15:00
 【2回目】 維持管理テーマの事例:15:40~17:30
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/735



 ◆6)落下・衝撃・振動解析 体験セミナー


 この体験セミナーでは、従来ハイエンドのCAEツールでしか解けなかった「落下・衝撃解析」と「振動解析」を設計者向けのツールを利用して、簡単に短時間にて解くことを体験できます。

■落下・衝撃解析は難しいと思っている設計者の方
■ハイエンドツールの複雑な設定作業にお困りの方
■これから落下・衝撃解析に取り組みたい方
■振動問題・振動解析は難しいと思っている設計者の方
■これから振動解析に取り組みたい方

 上記のような方にうってつけのセミナーです。ぜひこの機会に、奮って参加してください。

*日時:2013年1月28日(月)13:30~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/rakka-taiken2012.shtml



 ◆7)「自動車向け機能安全規格ISO26262故障解析およびIEC62380故障率算出シート」紹介セミナー落下・衝撃・振動解析 体験セミナー


 機能安全規格ISO26262では、様々なケースを想定した故障解析や影響評価、信頼性計算、改善シミュレーションなどのリスク・信頼性解析は、設計の最上流として機能安全の実現に非常に重要であり、開発成功の鍵を握っています。

 当社では、これらリスク・信頼性解析の機能、およびISO26262のベースとなった機能安全規格であるIEC61508での多数の採用事例によるノウハウ、自社の業務への最適化が可能なフレキシブルなユーザカスタマイズ性能を持つ、IHS社の品質リスクマネジメントソリューションをプラットフォームとして、日本でのISO26262対応を検討されているお客様の声を取り入れた、ISO26262故障解析テンプレートとIEC62380規格記載の故障率算出式に基づく故障率算出シートを4月25日より提供を開始し、同規格のリスク分析・信頼性解析の品質向上と作業負荷軽減を通じ、安全な自動車開発を支援いたします。

 本セミナーでは、この故障解析テンプレートと故障率算出シートを実際に操作体験しながらご評価いただけます。

*日時:2013年1月31日(木)13:30~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/747


(K.Kikuchi)

2012年12月7日

12月のセミナー案内


◆1)設計者のための構造解析技術セミナー<基礎編・応用編>


皆さんは構造解析ツールを使いこなしていますか?
操作は分かるが、なんとなく解析して結果の評価に困っていませんか?
 
 設計者の方々が多く利用している構造解析ツールですが、その基礎となる材料力学や有限要素法などの原理原則の学習が活用のネックになっている場合もあります。
 
 また、近年では設計者であっても非線形解析や振動、衝撃、疲労解析など高度な問題を扱う必要も多く見られるようになりました。
 
 そのような状況でお悩みの方を対象に、難しい式をあまり使わずに押さえておきたいポイントやノウハウ、注意点等をまとめてご説明いたします。
 
 是非ともご参加下さい。

*日時:【基礎編】2012年12月12日(水)10:00~17:00
     【応用編】2012年12月13日(木)10:00~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-femkozo.shtml



 ◆2)粒子法Particleworks体験セミナー ~流体から粉体まで~ 


 Particleworksは、燃料タンクのスロッシングや、ノズルから噴き出る液体の挙動、食品や化合物の製造過程における液体の撹拌現象など、従来の流体解析ソフトでは解くことができなかった現象を、精度よく安定して解くことができる流体解析ソフトウェアです。

■本セミナー参加者様には、1ヶ月間のParticleworks無料体験版をお貸し出し致します!
■1ヶ月間のParticleworks無料体験版をご希望のお客様は、申し込み時にご記入ください!

*日時:2012年12月18日(火)13:00~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

 

◆3)電子機器の落下・衝撃解析/熱流体解析 実践セミナー


 このセミナーでは、電子機器を対象にした解析のノウハウを体験できます。

 従来ハイエンドのCAEツールでしか解けなかった「落下・衝撃解析」を設計者向けのツールを利用して、簡単に短時間にて解くことを体験して頂きます。

 また、高機能化と小型化によって重要な設計課題となっている電子機器の放熱設計について、実際に熱流体解析ソフトウェアを使用して体験して頂きます。

*日時:2012年12月20日(木)13:00~17:15
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ele_practice.shtml



 ◆4)振動解析 無料体験セミナー


 近年、設計者の解析においてニーズが高まっている周波数応答解析とランダム応答解析の体験セミナーを企画しました。

 この体験セミナーでは、設計者向けの構造解析ツールを利用して、振動解析を簡単に短時間にて解くことを体験できます。

■振動問題・振動解析は難しいと思っている設計者の方
■これから振動解析に取り組みたい方

 上記のような方にうってつけのセミナーです。ぜひこの機会に、奮って参加してください。

*日時:2012年12月21日(金)13:30~17:00
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/shindou_taiken2012.shtml



 ◆5)SolidWorks Simulation・SolidWorks Flow Simulation無料体験セミナー


 設計業務の革新が叫ばれている昨今、構造計画研究所では従来より3次元CADで設計を行うエンジニアが設計の初期段階から解析シミュレーションを実施し開発期間の短縮やコストの低減、品質の向上を図るS.B.D(Simulation Based Design)を提唱しています。

 今や構造解析や機構解析などのカテゴリにとらわれることなくシミュレーションによる設計の初期段階での各種検討が必須のものとなりつつあります。

 貴社の業務に必ず役立つと確信しておりますので解析業務のご経験のない方でもお気軽にご参加ください。

 業務ご多忙とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

*日時:2012年12月25日(火)14:00~16:45
*会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml


(K.Kikuchi)