2013年3月12日

4月のセミナー案内


◆1)SolidWorks Simulation・SolidWorks Flow Simulation無料体験セミナー


 設計業務の革新が叫ばれている昨今、構造計画研究所では従来より3次元CADで設計を行うエンジニアが設計の初期段階から解析シミュレーションを実施し開発期間の短縮やコストの低減、品質の向上を図るS.B.D(Simulation Based Design)を提唱しています。

 今や構造解析や機構解析などのカテゴリにとらわれることなくシミュレーションによる設計の初期段階での各種検討が必須のものとなりつつあります。

 貴社の業務に必ず役立つと確信しておりますので解析業務のご経験のない方でもお気軽にご参加ください。

 業務ご多忙とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

◇日時:2013年4月2日(火)14:00~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml



◆2)設計者のための熱流体解析ツールFloEFD 無料体験セミナー&無料コンサルテーション


 設計ステージにおける熱流体解析ニーズを徹底的に分析し、設計者のために特別に開発された強力なデスクトップCFD (Computational Fluid Dynamics、熱流体解析)ツール FloEFDシリーズの無料体験セミナーを開催します。

 特別企画「無料コンサルテーション」では18年の経験を有するCFDコンサルタントがお客様の問題を無料診断します。

 ぜひこの機に FloEFD 無料体験セミナーにご出席下さい。

◇日時:2013年4月2日(火)13:00~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-floefd.shtml



◆3)はじめての電磁界解析セミナー


 電磁界解析をこれからはじめる設計者向けに、解析の基礎の座学と実際のソフトを触ることのできるセミナーをご用意しております。

 今まで難しいと思われていた電磁界解析を覆す操作性の良さ・解析の汎用性の広さを実感していただきます。

◇日時:2013年4月10日(水)13:30~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ws-solidworksems.shtml



◆4)落下・衝撃・振動解析 体験セミナー


 この体験セミナーでは、従来ハイエンドのCAEツールでしか解けなかった「落下・衝撃解析」と「振動解析」を設計者向けのツールを利用して、簡単に短時間にて解くことを体験できます。

■落下・衝撃解析は難しいと思っている設計者の方
■ハイエンドツールの複雑な設定作業にお困りの方
■これから落下・衝撃解析に取り組みたい方
■振動問題・振動解析は難しいと思っている設計者の方
■これから振動解析に取り組みたい方

 上記のような方にうってつけのセミナーです。ぜひこの機会に、奮って参加してください。

◇日時:2013年4月10日(水)13:30~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/rakka-taiken2012.shtml



 ◆5)粒子法Particleworks体験セミナー ~流体から粉体まで~


 Particleworksは、燃料タンクのスロッシングや、ノズルから噴き出る液体の挙動、食品や化合物の製造過程における液体の撹拌現象など、従来の流体解析ソフトでは解くことができなかった現象を、精度よく安定して解くことができる流体解析ソフトウェアです。

■本セミナー参加者様には、1ヶ月間のParticleworks無料体験版をお貸し出し致します!
■1ヶ月間のParticleworks無料体験版をご希望のお客様は、申し込み時にご記入ください!

◇日時:2013年4月11日(木)13:00~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml


◆6)設計者のための構造解析技術セミナー <基礎編・応用編>


 皆さんは構造解析ツールを使いこなしていますか?
操作は分かるが、なんとなく解析して結果の評価に困っていませんか?
 
 設計者の方々が多く利用している構造解析ツールですが、その基礎となる材料力学や有限要素法などの原理原則の学習が活用のネックになっている場合もあります。
 
 また、近年では設計者であっても非線形解析や振動、衝撃、疲労解析など高度な問題を扱う必要も多く見られるようになりました。
 
 そのような状況でお悩みの方を対象に、難しい式をあまり使わずに押さえておきたいポイントやノウハウ、注意点等をまとめてご説明いたします。
 
 是非ともご参加下さい。

【基礎編】
◇日時:2013年4月17日(水)10:00~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

【応用編】
◇日時:2013年4月18日(木)10:00~17:00
◇会場:構造計画研究所 中部営業所

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
 http://www.sbd.jp/news/ws-femkozo.shtml

 
(K.Kikuchi)

0 件のコメント:

コメントを投稿