2017年6月19日

SDR体験セミナー【無料】


~SDRにご興味ある方や、またSDRを利用されている方へ~
Simulink や MATLAB を用いて、実際に米国 Nuand社 bladeRF でソフトウェア無線を体験してみましょう。
初めての方にはソフトウェア無線がどのようなものかを、すでに使われている方には、bladeRFの性能や操作性をご確認いただけます。

■内容
従来の無線機は、アナログ電子回路技術により実現されていました。
しかし近年では、通信方式の高度化・ディジタル化が進んだため、ディジタル信号処理の果たす役割が大きくなっています。一部のアナログ回路を除き、全ての処理を汎用のディジタル信号処理ハードウェアに置き換える動きが加速しました。
更にハードウェアによるディジタル信号処理をソフトウェアで置き換えて誕生した技術が”ソフトウェア無線(Software Defined Radio/SDR)”です。

ソフトウェア無線技術は、従来無線機のほとんどの機能をソフトウェアで実現します。
この技術は今日ではあらゆる開発に欠かせないものとなっています。
例えば、LTEを代表とする高度なディジタル無線通信装置(基地局、端末)や、地デジの送信装置・受信機(テレビ)の開発にも使われています。

本体験セミナーでは、ぜひSDRのすばらしさをご体験ください。


◇日時:2017年7月28日(金)13:30-17:00
◇会場:構造計画研究所 名古屋支社

▼申込・場所等の詳細はこちらです▼
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/1770


(M.Ono)


0 件のコメント:

コメントを投稿