2018年9月19日

KKE Vision 2018



昨年開催しました『KKE Vision 2017』では、大変多くの方々にご来場頂きまして誠にありがとうございました。

KKE Visionは、より良い社会の実現に向けた様々な取り組みを、多くの方々と共有する場として、その形を変えながら10年以上続けているイベントです。
 

私たち構造計画研究所は「工学知(エンジニアリング)」をベースに日々活動しています。
「エンジニアリング」という言葉は「社会性を持った技術」とも表現できます。
「技術」は「社会」に適切に組み込まれることでその効果を発揮しますが、その際に重要なのは、「どの技術を、どんな形で、どのように社会に織り込めば最大限の効果を生み出すことができるのか」という点です。
本年の K K E V i s i o n では、「技術の社会化を目指して」というテーマのもと、技術に社会性を持たせるための方策を皆さんと共に考える場にしたいと思います。
ご来場を心よりお待ち申し上げます。

 

 ◇日時 2018年10月23日(火)    9:30 開場 10:00 開始
 ◇場所 セルリアンタワー東急ホテルB2 <東京都渋谷区桜丘町26-1>

▼KKE Vision 2018の詳細はこちらから▼
  
https://kkevision.kke.co.jp/kv2018/


◇プログラム
09:30 受付開始
10:00~10:15 ごあいさつ

◆社会における構造物のありかた◆
 
10:15~11:45 東京大学 教授 楠 浩一 氏
        「加速度センサーの建築防災への利活用 ~見えてくる防災の未来~」

13:00~14:30 京都大学 教授 五十田 博 氏
        「木を使ったこれからの建築


◆災害時に真に役立つ技術◆
 
10:15~11:45 国立研究開発法人防災科学技術研究所 センター長 臼田 裕一郎 氏
        「災害時に真に役立つ 協働型情報共有のあり方
 
13:00~14:30 東北大学 准教授 西山 大樹 氏

          高知市防災対策部 参事課長事務取扱 西村 浩代 氏

          「圏外でも通信を可能とする <リレー通信>を災害時の切り札に」


◆未来創生のモビリティ◆

10:15~11:00 トヨタ自動車株式会社 東富士研究所 常務理事 鯉渕 健 氏
        「すべての人に移動の自由を ~トヨタの自動運転技術開発の取組み~

13:00~14:30 筑波大学 教授 伊藤 誠 氏
        「コトづくりとしての自動車の自動運転」


◆基調講演◆

13:30~13:50 主催者ごあいさつ
15:30~17:00 慶應義塾 常任理事 / 慶應義塾大学教授 國領二郎 
        「人と情報技術の<共進化>は、どのように進んできたのか?
 


その他特別展示も行っております。

 皆さまのご来場を心よりお待ちしております!
 
 
※講演内容・講演者を予告なく変更する可能性があります。ご了承ください。
 
(M.Sato)

0 件のコメント:

コメントを投稿